土地売却による節税方法

売るのはいいけれど

ytdjyts
自分が所有していた土地を売ることができたのならば、まずは一安心ということになるかもしれませんが、まだまだ油断することはできないのかもしれません。
今までも売却のために査定をして貰って、苦労しながらも売値交渉をして、ようやく買取主が現れてくれたという経緯を踏んでいるのでこれ以上何もしたくないと思うでしょう。
しかし、売り払った後のことをしっかり考えることによって出費を減らしていくことも可能になっているので、もう自分ができることは何もないと考えてしまっては損をします。
譲渡所得税や住民税が掛かってくることになるのは、仕方ないことだと言うことができるのですが、場合によっては税金を軽減することも可能になっているのでしっかり確認してください。
まず最初に自分の家を売却した時には3000万円の特別控除を受けることもできるので、マイホームを売却することを考えているというのならば、確実に抑えておきたい事柄になります。
条件としては色々なものがあるのですが、自分が居住していた不動産であること、売買契約を結ぶ相手とは血縁関係になく、夫婦でもないということ、2年間の間同じ特例等を受けていない。
といったものになっているので、全くの他人に対して土地を売ろうと思っているとするのならば、適用される可能性が限りなく高くなってくるので、見逃してしまっては大損をすることになるでしょう。
もしも、自分が売却した時の値段がそれ相応の値段になっているということが分かっているのならば、すぐさま申請をすることによって節税に成功することができるはずです。
次に10年以上居住してしたという実績がある土地を売却した時にも税金が軽減されることがあるということを知っておきたいところではあります。長期間なので該当する人は少ないかもですが・・・。
何しろ長い時間ずっと住み続けているという必要性が出てきますので、社会人であったとしても条件をクリアするのは難しいかもしれませんが、それは自分が購入した土地だった場合でしょう。
親から受け継いだ土地だったとするのならば、10年以上もの間住み続けていたとしても何もおかしいことはありませんので、きちんと該当することになっているはずですよね。
知らなかったが故にチャンスを逃してしまうというのは、なんとも勿体ない話であると言えてしまえるので、事前に節税できる情報はしっかりキープしておくことにしたいところでしょう。

売るということは

vfthrsths
自分が持っている土地を売却したのならば、新しく土地を買うという買い換え行為をすることにもなると思うのですが、その際にも買い換えの特例というものが適用されることになります。
売るだけ売って新しい場所は求めない!なんていうことは基本的にはあまりないことなので、多くの人たちが当てはまることになると予想できますので、是非とも押さえておきたいところです。
人によっては家族皆で祖父母の持つ土地に移住することにした。なんていう選択をする人もいるかもしれませんが、そのような場合は当然ながら適用外になってしまうので注意しましょう。

どの方法を取るのか

自分が購入した土地を売るというのは、人生に於いても大きな決断を迫られることになるとは思うのですが、言われるがままに人に従っているようでは気付かぬうちに損をすることがあります。
なかなか難しいことのように思えてくるかもしれませんが、新しい土地で暮らしていくからにはお金は少しでも多い方がいいので、積極的に節税方法については学んでいくことにしていきたいところです。
PRサイト:名古屋市の土地査定

更新情報